関連会社の(株)濱田建築事務所は、千葉県及び南房総等の地域、環境に合った建築物、景観を作るということをテーマに掲げ、住宅+各種建築物の設計・監理を中心に、住宅リフォーム・耐震診断等をしています。あわはうすと濱田建築事務は密に連携をとりお客様の理想の空間造りをサポート致します。

■ 建てたい方

同じ金額を使った建築物であっても、設計者と施主が設計段階で互いに自己の要望、主義を主張しあい、よく考えられた建築物と、そうではない建築物とでは、完成時に機能,性能面等あらゆる面で差をうみます。設計段階でよく検討すれば、完成後に「こうしておけばよかった」などという言葉を発する回数が少なくなるでしょう。
建築する際に設計は、建物の機能、空間、居住性、経済性等を決める重要な過程です。建物の良し悪しの80%は設計で決まると言われています。良い建物を作る為に、作り手も非常に重要ですが、まずどのような建物(機能、空間、デザイン等)にするのか考え設計することが1番最初にしなければいけないことで、設計が終わってから建物にあった工務店等の作り手を選ぶほうがより良い建物をつくることができます。工務店や大工さんが 設計を行い 建物の機能、デザイン等の方向性を決めるわけではありません。
私達、建築家はハウスメーカーのようにショールームを持ち、お客様に説明するすることはできませんが、完成予想図やCG、図面、模型等で完成に近い空間をイメージさせることはできます。建築という行為はお客様にとって高い買い物になるはずです。少しでも納得できる建築物をつくる為に「設計者と一緒に考える」という選択肢を考えてみてはどうでしょうか。

詳しくはこちらをご覧ください。http://hamada1.jp/service.html

■ リノベーションしたい方

中古住宅を購入してリノベーションしたいというご希望が増えてきています。日本では、新築の家を持つことがステータスとされ、スクラップアンドビルド(古くなったら壊して新しいものを造る)を繰り返してきた経緯があります。住宅を再生するリノベーションは、環境保護の観点からみても注目を集めています。
リノベーションとは、中古住宅にに大規模な改修工事を行い、性能を向上させたり付加価値を高めたりすることです。具体的には内装や間取りの変更、また表からは見えない設備の配管、電気配線、床や壁の下地の更新、耐震性や断熱性の向上等が挙げられます。

・空家や空き別荘をそのまま利用できるので、新築するより工事期間が短く入居までに時間がかからないこと
・新築と比べコストがかからないこと
・新築と比べても自由に間取りや住設機器や内装にアレンジできること

しかし中古住宅というのは建てられた時期や建設業者によって大きく異なるのが実情ですし、思いもよらないトラブルも起こり得ます。また1981年6月に建築基準法が大幅に改正され、それ以前の建物は現在の耐震基準に満たない可能性があり、その場合工事規模が大きくなり、費用もかさみます。このようなデメリットもあります。
本来やりたかったことが実現できないということがないように、物件選びを慎重に行う必要があります。弊社では関連会社の濱田建築事務所の1級建築士が、物件選びのご相談に対応させていただきます。物件購入後の建築設計までを視野に入れたアドバイスで、失敗のない最適なリノベーションを実現させましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。http://hamada1.jp/service.html